名古屋市緑区の「歯周病専門医」「インプラント認定医」「入れ歯の認定医」がいる歯医者さん

〒458-0901 名古屋市緑区有松町大字有松三丁山331-1
名鉄線有松駅より南に徒歩10分 大型駐車場あり

診療時間
9:00~17:30

※休診日:日曜・祝日

ご予約・お問合せはこちらへ

052-693-8382

歯が痛い・虫歯かな?と思う方

なぜ虫歯ができるのか

口の中には多くの細菌が住んでいます。その中のミュータンス菌が主な虫歯の原因菌です。ミュータンス菌は口の中のいろいろな菌と一緒に集落を作り、その集落をプラークと呼びます。

プラークの中の虫歯菌は、口の中に食べ物(特に糖分)が入ってくると、その食べ物を食べて酸(アルカリの酸、酸っぱい酸のこと)を出すのです。

するとプラークのpHが酸性に傾き、臨界点を超えると歯の表面から「カルシウム」「リン酸」といった歯の成分が溶け出し、「脱灰(だっかい)」と呼ばれる状態に。

食事をすると口の中は酸性となって歯は溶け出しますが、体の免疫機能として唾液(唾のこと)が、その溶けた歯を修復し、「再石灰化(さいせっかいか)」と呼ばれる状態になります。

唾液が酸性に傾いたプラークのpHを中性に戻し、溶け出した「カルシウムイオン」「リン酸イオン」が歯の表面を修復するのです。

また、唾液は歯や口の中の洗浄をし、プラーク中の細菌の増殖を抑えます。「脱灰(歯が溶けること)」や、「再石灰化(歯の修復)」のバランスがとれていれば虫歯はできることはありません。

しかし、「脱灰」を繰り返し、「再石灰化」が追いつかなければ虫歯へと進行します。虫歯になりやすい人は、その虫歯菌の数が多く、よりたくさんの酸ができやすいため、歯が溶けやすい状態になっているのです。

また、虫歯になりやすい人は唾液の量が少なく、プラークを洗い流したり、歯の表面の修復がうまくできません。虫歯のなりやすさ(カリエスリスク)は、

  • 虫歯菌の数の多さ:ミュータンス菌やラクトバチラス菌の数、プラークの量
  • 唾液の分泌量や緩衝能
  • 食生活
  • フッ素の使用状況

などが関係してきます。

再発を防ぐ治療方法とは

「なぜ虫歯になったのか?」これをしっかりと把握して、それに対応した上で虫歯治療を受けることが大切です。なぜ虫歯になったのかは、患者さんによって異なります。歯磨きを怠って虫歯菌が多くなったのか、食生活が乱れていたのか、加齢によって唾液が少なくなってきたのかなど・・

この原因に対するアプローチなしで虫歯を治療してしまうと、再発のリスクが高まります。

虫歯になったら、なぜ虫歯になったのか、我々と一緒に考えましょう。原因をつきとめ、改善を試みつつ、そのうえで虫歯治療を受けていただければと思います。